インフォメーション一覧

新型決済端末導入!

新型決済端末の導入により運賃料金の精算時,従来のクレジットカードに加え新たにSuica、QUICPay™、銀聯カードがご利用いただけるようになりました。
(平成25年5月より導入開始)

ドライブレコーダー 「ウイットネス3」を導入

飛行機事故が起きた場合、まず飛行機に装備されている フライトレコーダの回収が第一で、このフライトレコーダが回収されれば事故の真相はほぼ解明する事になります。Witness(ウィットネス)3は飛行機に装備されたフライトレコーダと同様の目的で開発された車載型画像記録装置(ドライブレコーダ)です。また急加速・急ハンドルなどを音声ガイダンスが警告、安全運転をサポートします。
車外、車内の2カメラで長時間常時録画が可能、GPS機能搭載のドライブレコーダー。車外カメラは安全運転している乗務員が万一事故を起こしても、不当な加害者扱いされないように証明することができます。
車内カメラはタクシー強盗などの犯罪抑止と証明,乗務員の方々の安全確保,車内トラブル防止などのためのものです。赤外線搭載で夜間の車内でも顔や紙幣を判別、録音機能付き。(平成24年8月)

EVタクシー 日産LEAF 採用!!

日産リーフはガソリンやLPGを全く使わず100%電気だけで走るから,走行中は二酸化炭素を一切排出しません。また,動力源である電気モーター,リチウムイオンバッテリーを搭載し驚くほど静かでスムーズな走りを実現しています。 (平成24年2月)

R HYBRID 採用

TOYATAプリウス ・NHW20改 ・ZVW41W改・ZVW30改

R HYBRIDプリウスはモーター(電気)+エンジン(ガソリン&LPG)で走行します。その時々のシーンにあわせて最適な動力(燃料)を選択し使用する仕組みです。LPGはコストパフォーマンスに優れ,ガソリンはインフラが充実しています。万一LPGが無くなっても,ガソリンで走行できるので安心です。LPGを多用することで地球温暖化の原因とされている二酸化炭素の排出量は約12%~15%程度抑制されます。またLPGは人体に有害とされているPM(浮遊粒子状物質)や黒煙はほとんど排出せず,NOX(窒素酸化物)の排出もごくわずかです。(平成23年8月より採用)


R HYBRID (プリウスNHW20改)◆
黒色のキャップがガソリンの給油口,下白色のキャップがLPGの充填口


自動日報 導入!!

さらなる「安全」「省エネ」「効率化」を実現する高機能型デジタルタコグラフを採用。GPS内蔵で位置情報を自動通知し日報を自動化します。