宝自動車交通の歩み|安全運転・高品質の接客サービス、宝自動車交通

沿革

昭和25年 8月 港区六本木にて宝タクシー株式会社設立
代表者 種田鉄馬
20台
昭和35年 3月 中野区トキワタクシー鰍系列会社とし
ニュー宝タクシー鰍ヨ商号変更
車両14台
64台
昭和40年 2月 三鷹市北見交通鰍系列会社とし
北多摩宝タクシー鰍ヨ商号変更
車両20台
135台
昭和40年 6月 代表役員変更
代表者 高橋 清
135台
昭和45年 5月 ハイヤー営業開始
車両ハイヤーヘ用途変更 5台
タクシー154台
ハイヤー5台
平成5年 10月 代表役員変更
代表者 岡田 佑
 タクシー185台
ハイヤー30台
平成7年 9月 北多摩宝タクシー株式会社をニュー宝タクシー株式会社に合併する。  タクシー175台
ハイヤー30台
平成9年 4月 ニュー宝タクシー株式会社と宝タクシー株式会社を合併し
商号を宝自動車交通株式会社とする。
本社およびハイヤー部を現在地に移転。
 タクシー140台
ハイヤー22台
平成10年 7月 ハイヤー部門売却 タクシー140台
平成13年 1月 東京無線協同組合へ加盟 タクシー144台
平成14年 5月 資本金9000万円に増資 タクシー144台 
平成21年 3月 本社移転(港区西新橋⇒新宿区四谷)
タクシー144台 
平成21年 10月 タクシー車両 減車
タクシー128台
平成22年 9月 タクシー車両 減車 
タクシー115台
ページトップへ